KAWAIトイピアノ考察

いろんなトイピアノを弾くと

それぞれが違う音で面白い。

鉄素材をハンマーで叩く

というだけの事なのに、こうも違う。

私が初めて買ったトイピアノは

KAWAIなんだけれど

最近はめっきり使っていない。

理由は残響がないから。

音量は出るには出るけれど

残響がない故に、ライブ演奏では映えない。

他メーカーのトイピアノは

鉄琴、もしくは鉄棒で鳴らしていて

KAWAIだけは鉄パイプを鳴らしている。

ピアノメーカーのKAWAIの技術がありながら

どうして鉄パイプの響かない素材を使っているんだろうと

ずっと疑問だった。

youtubeでパイプシロホン、という鉄琴を見つけた。

パイプシロホンの動画

これはとてもよく響くし、綺麗な音😳

調べたら、いろんなメーカーも古くから作っているおもちゃ鉄琴っぽい。

なるほど、KAWAIはこれに目を付けて

おもちゃのピアノに仕込んだのね。

パイプ自体はよく響く。

トイピアノにすると響かない。

パイプの間隔や支え方、

叩いているハンマーの素材、

フレームの木によって残響がなくなってるんだろうな

ひっそり弾く分には可愛い音だけれど

どうしても打撃音の方が気になってしまって

リズム楽器的になってしまう。

ということは、改造する事によって

パイプシロホンと同じような響きのトイピアノが出来るはず。

大きいパイプシロホンの動画

大きいパイプだとこんなに響くみたい 

チェレスタだってパイプを使っているのだから

KAWAIのトイピアノもチェレスタのような響きになるはず

KAWAI、ほとんど使っていないし

分解して実験したいと思う

#KAWAI #トイピアノ #toypiano #パイプシロホン #グロッケン

New
Archive
Tag
まだタグはありません。